読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーリーマンの海外生活ブログ

30代サラリーマン視点での海外生活、ファッション、ガジェット等々

【新定番】日本でも喜ばれるベトナムみやげを考える

海外出張のおみやげはやはりその土地ならではのお菓子や食べ物を買っていきたいところです。

ですが食べ物おみやげのクオリティが低いベトナムでは、空港やその辺のお店でテキトーにおみやげを買うことは非常に危険で、満足してもらえる確率が極端に下がります。私もベトナムから帰る度におみやげを買っていますが、初めの頃テキトーに選んだおみやげはせっかくあげても露骨に喜ばれなかったこともしばしば・・・。

 

そんな私の経験に基づく、ベトナム在住の日本人が考えるこれを買っておけば間違いないというオススメおみやげをまとめました。

 

・ドライフルーツ

もらっても困るベトナムの定番おみやげその①。大袋なので個別に配れない、基本的にあまりおいしくない、そもそもドライフルーツでそんな食べないの三重苦で、会社に買っていったときも人気がなさ過ぎてカピカピになるまで食べきられずに残っていました・・・。

f:id:TNF24:20160803000650j:plain

そんなドライフルーツ関係のオススメはVinamitのフルーツチップス。ジャックフルーツ、バナナ、ミックス等の種類があって、半乾燥タイプではなくてパリパリになっているチップスタイプで、パッケージの『Export Quality』の名に恥じぬおいしさでコスパも抜群。

Vinamitの中でも、味も香りもクセがなく、かつとても肉厚なジャックフルーツが特におすすめです。

Big C等のほとんどの地元スーパーで安く買えます。フルーツの種類と大きさにもよりますが、小さめの袋で500円程度。パッケージもおしゃれでチャック付きもあるのが秀逸。

 

 

ベトナムコーヒー

もらっても困るベトナムの定番おみやげその②。何気に世界第二位のコーヒー生産国であるベトナムでは、路上の屋台から街中のカフェまでそこらじゅうでベトナムコーヒーを飲むことができます。メタルフィルターで濃い目に入れた苦めのコーヒーとあまーいコンデンスミルクの組み合わせが絶妙でやみつきになってしまう。そんなベトナム気分を知ってもらいたくて、私も定番品である『メタルフィルター+コーヒー豆セット』をおみやげに買っていた時期もありましたが、

 ①コンデンスミルクが家にない(普通の牛乳ではコーヒーの苦みに負ける)

 ②セットでついているコーヒー豆がおいしくない(ことが多い)

 ③メタルフィルターを再利用するには掃除がめっちゃ大変

 ④日本の市販品はほぼペーパーフィルター用なので専用の豆を買うのがめんどくさい

・・・等々もらっても困るポイントが多すぎなので定番セットは正直オススメできません。

そこでオススメなのがもっと気軽にベトナムコーヒーを楽しめる、ハイランズコーヒーの缶入りベトナムコーヒー。ベトナムコーヒー+コンデンスミルクが一緒になっていて、氷にこれを注ぐだけで気軽にアイスベトナムコーヒーが堪能できます。ベトナムのスタバと(私が勝手に)呼ばれていてベトナム全土にあるハイランズコーヒー HIGHLANDS COFFEEで買うことができます。1パック6缶入りで80,000VND(約400円)。

f:id:TNF24:20160803000648j:plain

www.highlandscoffee.com.vn


 

・VIFONのインスタントフォー

お湯を注ぐだけで日本でも簡単にベトナム風を味わえるインスタント麺のフォーです。少しかさばってしまうのが難点ではありますが、値段も15,000VND(約75円)と安いのでバラマキみやげに最適です。

f:id:TNF24:20170413005708j:plain

 

VIFONシリーズのよさは何といってもレトルトパウチの本格的な具が入っているところで、インスタントフォーの中では圧倒的にハイクオリティです。写真は牛肉のフォーの中身で、左から牛肉の具(銀のレトルトパウチ)、スウィートチリソース(赤の小袋)、粉末スープ(銀の小袋)、乾燥フォーがセットになっています。

実は他のインスタントフォーは半額以下なのですが、日本人的には誤差レベルの値段差でこの本格感が味わえるので絶対にVIFONシリーズを選ぶべきです。Big Cをはじめベトナムのスーパーならだいたいどこでも買うことができます。

赤パッケージのPho Thit Ga(鶏肉のフォー)と紫のPho Thit Bo(牛肉のフォー)の二大定番フォーがおすすめですが、その他にも何種類かラインアップされていてどれもハズレがありません!

f:id:TNF24:20170413005654j:plain

 

 

・マルゥチョコレート

ベトナム産カカオ豆のみを使って作られているベトナム発のチョコレートブランドで、最近は日本でもじわじわと人気になってきているらしいです。

鮮やかなパッケージは各生産地カカオ豆の一品種をイメージした色になっていて、全てがダークチョコレートでカカオ感強めの大人の味。各色ではっきりとフレーバーも違うので、複数色買って食べ比べるのも楽しいです。

大きいサイズの80gが100,000VND(約500円)、ミニサイズの24gが50,000VND(約250円)なので、ベトナムでは日本の半額程度で購入可能なのでオススメ。ただし、一枚の板チョコがどーんと入っているので、バラマキみやげにはミニサイズを複数購入しすることをおすすめします。

f:id:TNF24:20160803000647j:plain

 

ハノイ市内では、タイ湖近くのフレーザースイーツ(Fraser Suite Hanoi)下のショッピングセンター内にある食材店ANNAM GOURMET MARKETで取り扱ってます。また、ハノイ・ノイバイ空港内の国際線搭乗口前の売店でも売っているのを見かけましたが、数色のみ・かつ大きいサイズしか在庫がありませんでした。

 

www.marou.jp